スプラトゥーン2オーバーフロッシャー(お風呂)の使い方【splatoon2】


スプラトゥーン2のオーバーフロッシャー(通称:お風呂)の使い方や

立ち回りを

解説していきたいと思います!

 

皆さん、スプラトゥーン2で実装されたオーバーフロッシャーを使っていますか?

このブキの特徴は

メインで攻撃すると小さい泡が4つ発射されます。

ダメージは一つあたり30ダメージですから

4つ命中すれば相手を倒せます。

 

さらに、この小さい泡の射程がすごく長くて

スプラトゥーン2の試し打ちの場所でその射程を図ると

ライン5本分あります。

 

ライン3本分くらいまでは空中を飛び

その後、1バウンド、2バウンドとして消えていきます。

強い理由に

1バウンド、2バウンドと威力が弱くなるかと思いきや

しっかりと30ダメージが出ています。

他シューターであれば「威力減衰」と呼ばれる

ダメージが落ちる現象がこの

オーバーフロッシャー(通称:お風呂)では

起きませんw

スポンサーリンク



 

さらにすごいことに

壁に当たった場合は「反射」しますので

他のシューターと違い

壁に当たったインクが

「無駄にならない」のが強みですね。

 

少し弱い部分もあります。

それは

「金網上」では小さい泡が落下していきバウンドしません。

それなので射程自体が少し短くなります。

それでも十分な射程をほこっていますので気になることはありません。

ジェットパックで浮遊している相手も射程に収めることが可能です。

 

オーバーフロッシャーのメインにばっかり目が行きがちですが

実はサブの「シールド」も相性バツグンです。

 

シールドを狭い通路に張って

メインで攻撃するだけで

ハコフグやホッケのような狭い通路があるステージでは

異常なくらい強く、キルを取ることが可能です。

 

スペシャルのアメフラシの使い所は

「チャージャーなどが居座りそうな高台」に使用することが

大事です。

要するに、相手の強いポジションに圧力をかけるような使い方が

有効です。

 

スペシャルの話でサブの話が少し逸れましたが

サブのシールドの使い方もここで扱っておきます。

 

シールドを張ることで相手に与える影響をよく知る事が大事です。

シールドを張られた相手はシールドの奥にいるアナタに対して

バカ正直に真正面から攻撃をしてこないということを知ることから

始めたほうがいいですね。

 

相手は

シールドの脇から近づいてきたりします。

もしくは、ちょっとそのルートを諦めて引いていったりすることだと思います。

 

シールドの脇から近づいてくる、このことをよく知るのが大事です。

つまりオーバーフロッシャーを使う側は

シールドを展開したらその脇をしっかりメインで牽制していくことです。

 

お風呂の強さの一因に

1トリガーで小さい泡が4発出るというのがあります。

これのおかげで

1トリガーさえ引ければ

やられてしまっても、小さい泡が4発でるので

相手を相打ちに持っていきやすいというのがあります。

これはあまり他ブキではないですね。

強いて言えばブラスター系の爆風による相打ちですね。

相手からしたら

「先に倒しただろ!なんで相打ち、、」と思うかもしれませんが

相打ちになりやすいのですよねーw

こんなところもお風呂が強い理由です。

スポンサーリンク



 

さらにその1トリガーを引くごとに

4発出るわりには!?

「連射力」が高いのです。

 

画面内にポンポンッポポンッって泡を出しまくれます。

とにかくこれだけで強いので

横に移動しながら泡を流すようにするだけでさらに強いです。

 

相手からしたら

弾幕を避けてかいくぐってようやくオーバーフロッシャーに近づいたと思ったら

まさかの相打ちで発狂していることでしょうw

 

オーバーフロッシャー側からしたら

弾の威力減衰がないのとブレが少ないという点で

「ジャンプ撃ち」まで有効な手段になってきます。

 

ぴょんぴょんしながら撃つ。

もしくはぴょんぴょんしながら下がりながら撃つ。

相手に近づかれてやられるって時もぴょんっとジャンプして撃つ。

 

これにより

相手の弾をジャンプで避けれる可能性が高まり

こちらの小さい泡を相手に当てるチャンスが増えます。

 

とにかくこれが強い。

 

ではガチマッチではオーバーフロッシャーは

最強といえるのか?についてです。

 

個人的には最強とは言えないと思います。

たしかに強い、、、

強いんだけど、このスプラトゥーン2というゲームは

前線を上げれないと結局負けてしまうゲームです。

 

このオーバーフロッシャーでは

前線を上げて維持出来る程の強さがないのです。

中央付近では確かに強いのですが

それよりも相手陣地にどう食い込むかという部分で

少し決定力に欠けると思います。

 

キルをして

味方を勝利にきゃりーできる程のパワーがない、、、

 

実際、オーバーフロッシャーのキルは

ほとんど使っている本人も意識してない部分でキルが取れていることが

多いです。

勝手に小さい泡に当たってやられていく相手が多いです。

 

でも狙って倒しにいくのはなかなかに難しい。

狙って倒しにいきづらいから前線をこのブキで上げることも出来ず

そういう意味合いでは難しいブキだと感じます。

 

以上がスプラトゥーン2のオーバーフロッシャー通称お風呂の立ち回りや

使い方の説明でした。

何かの参考になれば幸いです。

最後まで読んでくださりありがとうございます。

スポンサーリンク



 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ