FPSの立ち回りとエイムの初心者上級者にありがちなこと考察


こんにちわ。

FPSというゲームに手をつけ始めた方や

FPSを少し前からやってはいるが全然うまくならずにやられまくっている方が

この記事を読んで少しでも上手くなってもらえたら幸いです。

特に

読んでくださる方が興味を持っているだろう内容は以下だと思います。

 

立ち回りとエイムの関係や初心者にありがちな行動と上級者がやる行動の違いについてだと思います。

それでは一つずつ見ていきましょう。

 

立ち回りとエイムの関係について。

 

FPSというゲームにおいて上級者や自分から見て上手いなと思うプレイヤーの動きっていうのは

敵をばんばんキルしていって戦況を打開していくプレイヤーの動きを指すのだと思いますが

このばんばんキルしていっているのを見て自分もやってみると全然うまくいかないと感じると思います。

スポンサーリンク



 

実際、私も最初はそうでした。

 

よーく、上手い人の動画を見ているとだんだん分かってくることがあります。

それは

とにかく「立ち回り」が上手なのです。

立ち回りがしっかりしているから、容易にはデスしないし

見ている側は、すっごく射撃が上手いと感じるのです。

 

初心者が上手い人の動画のプレイを見て思うのは

立ち回りよりも「エイム」に目がいき、

「ああ、あの人は凄くエイムがスゴい、、自分もエイムの練習を、、、」

と感じるのですが

上手い人はエイムがめちゃくちゃ上手いわけではありません。

 

「立ち回り」がめちゃくちゃ上手いから「エイム」があるように見えるのです。

 

この点を初心者の方には声を大にして伝えたいですね。

実際、私も初心者の時には上記のように錯覚していました。

 

エイムの練習はさておき、これは個人差はあれどもそこそこの練習でオッケーです。

勝てない原因は「立ち回り」がまだまだ甘いから勝てない、上手くなっていないと

思っていただいて結構です。

 

それでは「立ち回り」に目を向けていきましょう。

 

立ち回るってこっちだって最大限に気をつけているぞ!という方は

一度自分の動きをリプレイ動画機能があればそれで観るのが一番です。

頭では分かっていても実際の行動は大概違うことをしています。

 

私は動画に自分の行動を録画して見てみました。

これが一番劇的に上手くなる方法です。

 

とにかく、ゲームしている時は気をつけて動いているはずの自分が

リプレイ動画で自分を見てみると

「ええ!?、、そこで何で飛び出した?」とか

「ちょw、、、そんなことしたら」

という状況をたっくさん目のあたりにすることになります。

 

上級者の方は一度くらいは自分の動きがどんなものか

振り返っています。

 

実際に、FPSをyoutubeやニコニコ生放送などで実況プレイとして

挙げている方々はおおよそ上手だと思います。

それは、彼らはそのようにして動画に収め、自分たちで「この行動はダメだったよね、、」

とあとで反省する機会に恵まれているので

その度に彼らはより上手くなっていっているのです。

スポンサーリンク




 

それでは初心者にありがちな行動というのを見ていきましょう。

 

初心者にありがちな行動は

隠れずに相手を見つけ次第に、ほぼ一直線で攻撃をしにいったりしています。

 

とにかく一番大事な事は身を隠す事です。

この身を隠すというのは凄く大事で、走るよりもジリジリ動く方がよりバレにくく

相手を確実に仕留める距離まで接近することが可能になります。

 

とにかく「隠れる」のです。

 

この隠れるという行為と真逆にあるのが「攻撃する」という行為です。

 

攻撃をしたら発泡音や着弾の様子からどこらへんから撃ってきたのか

瞬時にバレます。

FPSの上級者同士がスカイプなどの通話機能で繋がっている場合は

「どこどこの場所、岩陰に1人いる」「建物内に1人いる」

とすぐに連携しはじめます。

 

こうなると圧倒的に不利になります。

ほぼ自分対複数になりますから、よりデスしやすくなってしまいます。

 

よほどの勝てる距離までは無駄に攻撃を加えずに

身を潜めながら近づくのが大事になります。

 

初心者の人にありがちな行為の一例が上記のような感じで

初心者の方がこれらを意識しまくることで、かなり上級者に近づく事が出来るようになります。

 

初心者の方がやっていまいがちな事に

地形の有利不利やゲームのルールをしっかりと把握していないなどもあります。

 

例えば

FPSにおいては高低差というのが必ず存在します。

同じ射程の武器でも

高低差があると低い方にいる相手が高い方にいる相手に対して射撃した場合

届かないということが起こりえますが、その最に高い方の相手が低い方の相手に射撃した場合

届くという現象が起きます。

 

これにより高い方が一概に有利とは言えないですが

基本的に高い方に居る方が有利です。

 

ゲームのルールを知らないというプレイヤーも意外と一定数います。

ゲームが始まっても何をしたらいいのか実は知らないという状態の方がいるのです。

また

より強くなりたいのであればそのゲームの動画を動画サイトで検索して

上手い人が何をしているのかをボケーっとででもいいから観るという癖も大事です。

そうすることで「ああ、この場所取りが強いのか!」とか

「なるほど!これなら気づかれずにいける!」とかが見えてきます。

 

自分がプレイして強くなることには限界があります。

とにかく沢山こなせば強くなれると思い込んでいる人がいますが

それはかなりの確率で上手くなれません。

(ガッコーの勉強と違ってやればやるだけというわけにはいかないのが

この手のゲームの難しいところです。)

 

相手の強い行動に気づけるかどうか

相手が何を意図してその行動をしているのかを分析出来る方が圧倒的に強くなれます。

 

それにさらに自分に目を向けると「自分の手癖」との戦いとも言えます。

突っ込んでいってはいけないのに、ちょっと戦況が危なくなったから打開だといって

敵陣に単身突っ込んでいくパターン、、、ありませんか?

 

上級者などはちょっと戦況が危なくなったからといって

すぐに突っ込んではいきません。

(これは慣れの部分もあるのかもしれませんが、残された時間と戦況から

まだ慌てるような時間じゃないと判断して、じっくり状況が良くなるように

冷静に身を潜めながら敵をやっつけていきます。)

 

ここらへんがFPSの初心者と上級者との違いになるのではないかと思います。

 

エイムの練習はしても、いつまでたっても上手くなれません。

この事は常に頭に入れながら「立ち回り」を特に大事にしましょう。

スポンサーリンク




 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ