スプラトゥーン2のもみじシューターのオススメギアと立ち回り


スプラトゥーン2に9月9日土曜日の11時から

もみじシューターが追加されました。

わかばシューターとどう違うのか、またオススメのギアや立ち回りについて考察していきます。

 

もみじシューターの特徴

メインウェポンは確定4発なので撃ち合いにはそこまで強くないですね。

サブウェポンはロボットボムです!

このロボットボムは個人的にも現状の打開という意味合いでは

かなり強力なサブウェポンだと感じます。

ボム自体が小さくてとことこ自動で追尾して歩いて行くので

相手からしたら気がついたら、近くで爆発していてやられた!という事になりがちです。

混戦中だとこのロボットボムの小ささは非常に脅威ですよ。

なにせ現状として視認できていてもウェポンで攻撃しても

破壊することが出来ないゆえに、強制的にその場から移動せざるを得ません。

スポンサーリンク



 

またスペシャルワザのアメフラシも

今回の9月8日のアップデートで強化されたスペシャルワザのうちの一つです。

 

アメフラシの範囲が広がり、その範囲内に居続けていたら

ジワジワダメージを与えていってそのダメージ蓄積は100を超えます。

つまり、このアメフラシには近づけないという事になります。

 

相手を動かす事には長けています。

弱点というか、アメフラシを発生させるのに必要な塗りポイントが多いので

実際の戦闘ではアメフラシを多様できるシーンは少ないです。

 

それよりもロボットボムの効率を上げていく方が相手にとっては脅威となりえます。

 

それでは

そんな『もみじシューター』のオススメギアについて考察していきましょう。

 

個人的には

サブインク効率アップを1・3

スペシャル増加アップ1・3

スペシャル減少量軽減1・3

 

あたりで組む方向でいくといいかなと思います。

とにかくアメフラシはそのままでは必要ポイントが多いので

使いづらい。

でもアメフラシ中の画面が見づらい最中にロボットボムを放り込んで

相手が視界が見えてないような状態でやっつけるような感じで使っています。

スポンサーリンク




もみじシューターの立ち回りは

ロボットボムを設置しまくるウザさを存分に相手に押し付けていくスタイルに

なりそうです。

 

ここまで説明しておいてなんですが

正直、ロボットボムにアメフラシならかなり強いのでは?

と感じるかもしれませんが

実際のナワバリバトルなどでは

理不尽な強さを感じづらいです。

どうしても意表をついたりしなくてはならないし

アメフラシもその射程範囲内から相手に移動されてしまうと

結局メインウェポンで確定4発を当てにいくような動きをせざるを得ないからです。

 

そういう意味では

もみじシューターは

やっていることは何か場を荒らす感じになっているけど

キルを取りにいけずにジリ貧に陥りやすいブキだと言えます。

 

わかばシューターと同様に

スプラシューターのような現状最強に近いブキ相手に射程でも

確定数でも負けている(スプラシューラーは確定数は3)ので

相手を動かして、移動させた先を攻撃するような動きになります。

 

ガチヤグラの時などに

アメフラシを拠点についた時に出せば相手は近づけませんし

それに加えてインクも回復しているので

ついでにロボットボムを投げておけばなかなか相手は近づけません。

 

基本的にこの立ち回りでやっていくブキになります。

決して弱くはありません。

 

スポンサーリンク



 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ