アタック25の面接対策と傾向や考察について(経験談)


テレビ朝日系列のパネルクイズ アタック25予選会に行ったことがあります

最終まで残るとは思っていなかったのですが

こんな長寿番組の予選会が地元であるとの事でとりあえず受けてみようと思い始めたのがきっかけです。

面接対策になる内容があるかどうかは分かりませんが

個人的な経験談を載せておこうと思います。

 

atatck25

 

この番組昔から時間があれば欠かさず見ているお気に入りの番組です

他のクイズ番組と違い正統派のクイズが多く出題される印象ですよね

スポンサーリンク



テレビの前では結構回答できるし解らないの問題も勉強になることが多いですよね

 

数年前に

東京で予選会があると聞いて応募したこともあったのですがその時は落選してしまいその以来の応募

今回は見事当選しました

 

その会場でディレクターの方が言っていたのですがこの予選に通るだけでもかなりの倍率らしいです

憧れの舞台に一歩近づけて光栄でした

但し地方では予選会は通りやすいというオチも有りましたけど

 

そして予選会の当日

 

今更付け焼刃程度の知識を入れたところでどうしようもないと思い

ネットなどで傾向と対策を練るわけでもなく一か八かで挑戦したのです

 

テレビ局近くのホールで実施したのですが

到着すると既にこの予選会に出場予定の参加者のみなさんが結構いらしていて

タブレットやスマホ参考書ネットから引っ張ってきた資料等々を最後の追い込みで勉強している方々や

友達とクイズを出し合っている人など静かな中でもみなさん真剣にクイズ対策されてました

 

この光景を見てみんな本気も本気なのに私はって思っちゃいました

少々焦り気味になってきたところでスタッフさんが登場して試験会場の案内が始まり試験会場に向かいます

 

そこでディレクターさんが登場してエントリーシートを書いてテストが始まりました

内容はあまり詳しくは出してはいけないみたいなのですが

一般的な教養問題から芸能スポーツ音楽の問題まで幅広くありました

 

私的に一番苦労したのは歴史問題歴史が好きじゃないとなかなか頭に入っていない事が出題されていました

スポンサーリンク



 

60分のテスト終了後すぐ結果が告知されました

そこで番号を呼ばれた方のみが次の面接に進むことができ

その後2週間程度したら合否がわかるそうです

 

テスト終了時名前が呼ばれなければはいこれで終了ってことなんですが

その結果ははいこれで終了でした

 

折角のチャンスもっと精進するべきでした 

このチャンスを無駄にしたのは悔やまれます

 

とは言え

ディレクターさんが

1度で合格できる方はホント少ないですからみなさん次の機会までに勉強してみてくださいとの言葉をいただき

次回はしっかり予習をしてリベンジしたい気持ちが湧き上がってきました

 

そして帰り際にアタック25シャーボ頂きました

これパネルの色と同じく4色あるそうです

結構良い経験でした

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ