紅白歌合戦初出場者会見が不発?AKB48メンバーが出ても驚きなし!


紅白歌合戦に出る初出場者の会見がこのたび行われた。

今回は初出場は10組いてたのだが、そもそも6組しかこの会見に出席していなかった。

また会見で質問する側も大した質問を用意していなかったのか?それとも

質問する側も紅白歌合戦自体にマンネリ化してしまっているのか?

「紅白で楽しみにしていることは?」とありきたりなのしか用意をしていなかったのだ。

 

ちょっとこの展開に司会進行の武田真一アナウンサーは焦ったのか

「まだこれで終わりじゃありません。この方たちの登場です!」

と言ったのは良かったがこの時登場したのが

AKB48だった。

 

kouhaku

 

これは本人たちも聞かされていなかったのか。

どうやらAKB48やSKE48、NMB48、HKT48、NGT48の

国内全メンバーから紅白ステージに立つことができる48人を視聴者投票で

選ぶということらしい。

つまり、この場にいた渡辺麻友もこの視聴者投票によっては

出場は出来ない可能性もあるわけだw

スポンサーリンク



 

それを聞いた渡辺麻友は

「じゃあ出られない可能性があるってことですか?残酷すぎません?」

「あまりにも驚きすぎて頭が真っ白なんですけど、、恐怖心がすごいです。

ステージに立てないかもしれないと聞いて、震えが止まらないです」

と答えている。

 

確かにそうだ。

サプライズを売りにしている同グループではあるが

企画者があまりにも自分勝手にやりすぎている感があるように感じる。

アイドル達のいう事ももっともに感じる。

 

しかも、番組公式アプリでの投票、、、、

12月8日~受付開始

12月中旬 中間発表

12月29日 選抜メンバー48人発表

12月31日 本番で順位発表!?

 

辛口な意見を言わせてもらうと

もはやここまでして多くの人は投票とかしないですよ?!

ほとんどデキレースになっているのではないでしょうか。

全ては盤上の上のこと。。

だって、そんな急に48人が決まった後、練習する時間ないじゃないですか。

さすがに、アイドル達も可愛そうです。

少し、時代の流れも汲んであげて欲しいと思います。

 

話は元に戻しますが

この時、登場を期待したのは

今の流れだと「SMAP」なんじゃないでしょうか?

NHKはギリギリまでSMAPが来てくれるのを待つと言っていましたが

このタイミングでは登場しませんでしたね。

スポンサーリンク



 

実際、実現の可能性は低そうですよ。

何より、SMAPは独自の番組であるスマスマで最終回を迎えたがっているからです。

それに

紅白歌合戦はさすがに自分たちの番組ではないですから

実現の可能性はちょっとないかもしれないですね。

ただ、特別ゲストということで出場の可能性はいちおうあるとは

あの有名な芸能レポーターの井上浩三氏も言っていましたね。

 

紅白歌合戦に出場は決まっているが

今回の初出場会見には前述の通り、10組中6組と欠席が4組いた。

特に今年興行収入で有名になった「君の名は。」の主題歌を歌っていた

RADWIMPSが欠席枠に居たことも会見が盛り上がらなかった可能性があるw

 

再結成されたTHE YELLOW MONKEYもいなかった。

ドラマ「砂の塔」の主題歌を歌っていているわけだが

久々にイエモンらしい歌を聞けて良かったのはあるが

この会見には出ていない。

 

宇多田ヒカルも顔を見るのは久しぶりになるし紅白に登場するのは初となる。

 

大御所な人たちが初会見にいなかったので

わりと盛り上がりに欠けていた部分はあるかもしれない。

 

もちろん

紅白歌番組に対しての視聴者や関係者自体の関心の薄さが出ているのかもしれないですね。

そもそも会見会場にいる人の姿が減った。

例年はレコード会社や芸能関係のプロモーターで後列まであふれかっていた。

しかし今年はどうした事か?

そういう人たちの数がうんと減った。

 

NHKは今までの大物司会者である和田アキ子さえも降板してもらって

新しい紅白を作ろうとしている。

しかし、今の時点からもう結果が見えていしまっている気がしてならないが

読者の皆様はどう感じるだろうか。

スポンサーリンク




 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ