ミラーレス車の欠点は?日産スマート・ルームミラーの評判は?


ミラーレス車に欠点があるということで話題になっている。

ミラーレスは個人的にも良さそうと感じるが、最近は高齢化社会になってきていて

連日、高齢ドライバーによる事故も放送されている。

そんな中で、今回のミラーレス車はそういった事故を防ぐ意味でも

役に立つのではと感じるが実際のところは、色々と問題も指摘されている。

 

rekusaasu

 

このミラーレスという仕組みが高齢ドライバーにとってはどうなのか?

どうやらモニター式後方視界に思わぬ欠点があるということが分かった。

仕組み上の問題というよりかは、高齢ドライバー自身の判断にゆだねるところが

あるからこそ、問題となっているようだ。

 

そもそもミラーレスというのはどういう事か?

要するにドアミラーがなくなり、カメラとモニターで後方視界を確保しようというものだ。

 

これは、2016年6月から日本でミラーレス車を国土交通省が解禁した。

現在の自動車に設置が義務づけされているバックミラーやサイドミラーの代わりに

カメラとモニターで映し出すのであればミラーレス車を解禁するというもの。

 

 

 

次期、レクサスLSのテスト車両の様子からは

ミラーレスを前提にしているのがよくわかる。

 

日産のスマート・ルームミラーは後方視界の電子化を行った。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ