宮沢りえ森田剛は舞台共演で!湯を沸かすほどの熱い愛のあらすじも


宮沢りえと森田剛が熱愛中だ!

二人は舞台共演で急速に親しくなったと言われています。

熱愛報道がされてから初めて公の会見に登場した宮沢りえ。

この会見は宮沢りえの主演映画「湯を沸かすほどの熱い愛」の舞台あいさつのために

登壇した。

その映画のあらすじも気になるところだが、ジャニーズである森田剛との熱愛の発端となった

舞台はどこからか追っていこうと思う。

 

miyazawarie

 

その舞台とは

8月に行われた舞台「ビニールの城」での共演がきっかけで交際に進展したと言われている。

スポンサーリンク



 

それ以降

代官山でのデートを楽しんだり、宮沢りえ自身の自宅に向かった様子などが報じられています。

どちらの所属事務所も「プライベートなことは本人に任せています」と答えているというが

宮沢りえの相手の森田剛は恋愛したり結婚したりするだけでもかなりの制約があるジャニーズ事務所に所属している。

そんなジャニーズ事務所からはプライベートは任せていると言っていますが

その真意はどうなのか分かりません。

最近でも芸能人同士の付き合いでも本人たちが付き合っている報道を認めていても

裏方では所属事務所社長が怒っていたりと色々ありますからねw

ただ、森田剛もジャニーズ事務所のアイドルとはいえ

そもそも今年で37歳と、「いい歳」になってきています。

 

また宮沢りえに関しても今年で43歳とこれまたいい歳になっていますので

そこらへんを考慮しての「プライベートは任せている」という発言なのかもしれません。

 

森田剛に関しては最近はV6の中でも

メディアに出る機会はぐっと減っていましたから、そんな状況も加味してのことかなとも

感じられます。

 

二人の交際が今後どのような形になっていくかは気になるところですが

今回の宮沢りえの主演映画「湯を沸かすほどの熱い愛」のあらすじもだいぶ気になってしまいますね。

スポンサーリンク



 

yuwo

 

湯を沸かすほどの熱い愛のあらすじはどんな内容なのでしょうか?

あらすじは

「死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語」

です。

余命2ヶ月!私には、死ぬまでにするべきことがある!

 

銭湯「幸の湯」を営む幸野家ではあるが父が1年前に家族の前から消えてしまい

銭湯は休業状態になる。

母である双葉(宮沢りえ)は持ち前の明るさと強さでパートをしながら娘を育てていた。

 

そんなある日、双葉は突然「余命わずか」の宣告を受ける。

その日から双葉は「絶対にやっておくべきこと」を決めて実行していく。

 

その一部が以下だ!

  • 家出をした夫を連れ帰り実業の銭湯を再開させる
  • 気が優しすぎる娘を自立させる
  • 娘をある人に会わせる

これらの双葉の行動が、家族が持っていたそれぞれの秘密を取り払うことになり

彼らはぶつかり合いながらも強い絆で結びついていく。

そして家族は、究極の愛を込めて母を葬(おく)ることを決意する。

 

この映画を観た人のコメントもすさまじい!

 

「途中まで泣いていたのに、ラスト5分で目玉が飛び出るくらい驚いて

涙がどっかにとんでっちゃいました

す、すごかった。」

 

「愛の海から生まれ、愛の海に死んで逝く、秘密を持った人間たちの優しく美しく

熱い熱い映画だ。

宮沢りえがすごい。

泣いた。」

 

「泣きすぎてマスカラが全部落ちるし、デートには不向きな作品といえる。

でも顔面崩壊しつつも、心の中は、熱い風呂に浸かったように、芯まであったまる映画でした。」

 

と心からあったまる映画です。

名女優、宮沢りえの演技にも注目をしたいですね。

スポンサーリンク



 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ