ピコ太郎PPAPが世界最短ギネス世界記録2016認定!歌詞も!


ピコ太郎のPPAPが世界最短でギネス世界記録に認定された!

今や、PPAPの事を知らない人はいないのではないかというくらいに

その独特のリズムと音楽が注目を浴びている。

歌詞自体はとてもシンプルそのものだ!

今年ギネスに認定されるという事は、「ギネス世界記録2016」(日本語版)

というのに載ることがほぼ確定したといっても過言ではない。

 

ginesu

画像は2015年度のモノではあるがこれの2016年度バージョンで

ピコ太郎は世界最短の曲として登録されることになる。

スポンサーリンク



 

気になるPPAPの歌詞はこちらだ。

I have a pen (アイハブアペン)

I have a apple (アイハブアアッポー)

ah (アー)

Apple pen! (アッポーペン)

 

I have a pen (アイハブアペン)

I have a pineapple (アイハブアパイナッポー)

ah (アー)

Pineapple pen! (パイナッポーペン)

 

apple pen pineapple pen (アッポーペン、パイナッポーペン)

ah (アー)

Pen-Pineapple-Apple-PenPineapple-Pen! (ペンパイナッポーアッポーペン!)

Pen-Pineapple-Apple-PenPineapple-Pen! (ペンパイナッポーアッポーペン!)

 

これがその歌詞のすべてです。

いや確かに短いですね。

歌い切るのに振り付け込みで動画だと51秒!

個人的に気になるのですが、、、カラオケに勿論、登場しますよね?!w

 

印税も気になってきますw

どうやらカラオケでの印税は出版社と作詞作曲者との分配で成り立っているようですが

こちらはどんな割合で契約しているかで色々変わってくるそうですよ。

基本的にカラオケ店がJASRACに部屋数×月数千円を著作権料として支払い、

あとはカラオケで歌われた曲の利用率に基づいて

出版社と作詞作曲した側に振り込まれるようですので

ピコ太郎氏の場合は、まだどれくらいの印税になるのかは謎です。

スポンサーリンク



 

これからの年末の忘年会などの二次会でほぼ間違いなく歌われることになるでしょうね。

音痴な私でもなんとかなりそうなくらい短い曲なのでノリで凌ぐことは出来そうですw

ありがたい!

 

ちなみによく似た音楽系のギネス世界記録で

ピコ太郎氏のPPAPとは全く違う方向性の音楽で登録されているのは

「エミネム」の「RAP God」でヒットシングルの中で最も言葉数の多い曲として認定されている。

6分強という時間も長い方だが、その間に1560の単語が並べられているというw

 

eminemu

 

日本人では誰が世界ギネス記録に載っているのか気になったので調べてみたところ

タモリが32年間笑っていいともを放送され続けたということで「同じチャンネルで続けられた

最も放送回数の多い生放送番組」で世界記録を取っています。

さすがにこれを越えれる人はいないのではないでしょうか。

「生放送」ですからねw

 

tamori

 

他には

フィギュアスケートの浅田真央選手や羽生結弦選手がマークした点数がそれぞれ

世界ギネス記録として認定されています。

 

asada

 

スポーツ関係では

体操の白井健三選手は「17歳と1か月余りで最年少の金メダリスト」でギネス記録。

また「後方伸身宙返り4回ひねり」の成功者としてギネス記録に認定されています。

 

sirai

 

スノーボードの平野歩選手やスキージャンプの葛西紀明選手もギネス記録保持者です。

 

hirano

平野歩夢選手といえば最近、切れ長一重だったのが

二重になってイケメン度が増したというのが噂されていましたね。

 

今回のピコ太郎氏のPPAPもこの世界ギネス記録2016に載ると思われます。

今後の動向に注目したいですね。

スポンサーリンク



 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ