ピコ太郎の日本外国特派員協会はどこ?PPAPロングバージョンも!


ピコ太郎が日本外国特派員協会で受賞をした。

本人も受賞に驚いていたようだが、PPAPのロングバージョンを

日本外国特派員協会で披露した!

今回はこの場所もどこにあるのかまで含めて取り扱っていきたいと思う。

 

piko

現在、youtubeでの再生回数が1億という驚異的な数字を叩きだしている

ピコ太郎の「PPAP」。

独特なリズムと短いフレーズで瞬く間に世界中に広がった。

もちろん、ジャスティン・ビーバーがピコ太郎の動画を見て

「最近、お気に入りの動画」として7000万人のフォロワーがいるツイッターで

つぶやいたあたりから一気に世界中に広がっていった経緯もある。

スポンサーリンク




 

日本外国特派員協会とはどんなとこだろうか?

 

日本にありますw

東京都千代田区有楽町1-7-1
有楽町電気ビル北館20階です。

 

どこか地図で見てみましょう。

yuuraku

丸の内や皇居が近くにあります。

プランタン銀座から近いといえばどこの場所か分かってくれる人も

いるのではないでしょうか。

 

gaikan

外観はこんな感じです。

ここでピコ太郎が記者からの質問に答えていたわけですね。

 

外国人記者クラブは1945年に終戦に伴い海外から日本に着任した

通信社・新聞社の記者たちによって設立されました。

 

国内外の政治家さらに芸術・経済・文化・スポーツなど国際的な著名人が

会見を開いてきた場所でもあります。

 

過去にはのちにロッキード事件と言われる大事件を引き起こした

田中角栄元首相や2014年にはソチオリンピックでフィギュアスケートで

金メダルを獲得した浅田真央選手も。

確かこの時、「現役は続けられるのですか?」と記者から質問されて

「うーん、50%くらいです、今のところハーフハーフです」と答えていたのが印象的でした。

スポンサーリンク




 

この外国人記者クラブによる記者会見というのは実は

週に2回から3回くらい行われていて

「旬な人」「時勢に合う人」を選考しているということ。

 

いや、、、w

週に2回とか3回ってものすごく選考回数多くないですかこれw

それでもピコ太郎氏のように会見が行われるシーンをあまり見ないということは

ひょっとしたらそれだけ選考はしているけど

該当者なしという結果を繰り返しているのかもしれませんね。

ちなみにあの「ふなっしー」も会見していましたw

 

さらにクラブ内には「MASUKOMI寿司」という

なにやらよくわからない名前のお寿司屋さんが、、、。

 

どうやらここは外国人記者やマスコミが会食に利用する

「マスコミ寿司バー」というところです。

ここは残念ながら会員制クラブのために

会員の方と一緒でなければ入れないという敷居の高さ!

 

気になるメニューは?

築地から仕入れた極上の握りが出てくるということ。

マスコミ握りは1600円でそこそこリーズナブルのようですよ。

 

今日の会見ではピコ太郎氏に以下のような質問が飛び出していました。

記者「アベノミクスも難航しているスポークスマンとして首相官邸から連絡は?」

ピコ太郎「えー官邸の方ですが、、私、知らない番号からは電話に出ないようにしております」「留守電聞いておきます」

と答えて記者団を笑かせていました。

 

ピコ太郎氏は他の国の方々からも繊細だ!とか明るくて良いとか

賞賛の声が多いのが印象的でした。

 

PPAPのロングバージョンとは?

「I have a pen

I have a pen」

「oh!」「Long pen」としてちょっと長いペンを表現して見せたところも

受けていました。

 

今後、どこまでスケールが大きくなるのか気になるところですね。

スポンサーリンク



 

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ