君の名は聖地初上映会のチケット入手方法は市文化交流センターで!


映画「君の名は」の初上映会が聖地の岐阜県で行われる事が決定した。

気になる初上映会のチケット入手方法はどうなるのか

また市文化交流センターはどこにあるのか

直接、飛騨市観光課に聞いてみた。

 

kimino

 

この映画は東京の男子高校生と岐阜の山村に住む女子高生の運命的な出会いを題材にした

映画です。

飛騨で行われる意味合いは?

今まで映画の聖地であるこの飛騨には映画館がありませんでした。

せっかく君の名はの聖地であるにも関わらず

飛騨市民に聞くと

この地が聖地であるのは巡礼に来るファンが沢山いる事から知っているというが

映画を見たことがないという人がほとんどという事。

それもそのはず、一番近い映画館は車で1時間40分くらい飛ばした先にある

「富山市のTOHOシネマズ ファボーレ富山」でしか観る事が出来なかったのです。

スポンサーリンク



 

飛騨市文化交流センターは以下の場所にある。

hida

bunnka

〒509-4221 岐阜県飛騨市古川町若宮2丁目1−63

飛騨市文化センターへの交通手段、行き方は以下。

maika

東京よりも名古屋の方がやはり近いですね。

車で行くなら東京方面の方はかなり気合いが要りそうだ!

名古屋からだと2時間程度。

場所的にはどちらかというと富山や石川に近いですよね。

koukyou

やはり、公共交通機関を使うとなると

電車の本数の問題もあって時間が車で行くよりも少しかかる。

最寄り駅はJR飛騨古川駅だ。

気になる交通費なのだが、、、

koutuuhi

だいたいこれを目安にしてください。

3時間ちょいという感じですね。

交通費は往復でだいたい7000円というところです。

 

toukyou

東京からだと、ちょっと考えてしまう金額ですねw

時間はこれくらいだとしても金銭面ではかなりの負担となります。

これは車で知り合いと一緒に行く方が金銭面で良いかもしれない。
スポンサーリンク



 

チケット入手方法は以下のとおり。

平成28年10月23日午前10時から

「飛騨市民文化センター」で「飛騨市民」に先行販売。

なので、とりあえず飛騨市民でなければこの先行チケットは入手できない。

というのも、購入の際に飛騨市民である証明が必要になるということ。

最悪の場合、飛騨市民の方にチケットをとってもらって

譲ってもらうとかしかない。

しかもそれで大丈夫なのかは今のところどこにも詳細が載っていない。

これはモラルの問題なのでここでは取り扱わないでおきますw

一般入手方法は

席数に余裕があれば販売する模様。

 

今回の飛騨市民文化センターでは

11月6日限定で3回上映で

合計2000人なのでおそらく飛騨市民以外の販売はあるかと思われる。

これについて問い合わせてみると

一回の上映で650席ということで合計1950席だということだ。

 

気になるお値段は?

これはチケット代は200円ということだw

やっすーw

現在全国で上映されている君の名はが1800円であることを

考えると破格といえる!

 

さらに上映時間は何時からかも聞いてみた!

10時、14時、18時ということでこの3回上映ということです。

おそらく10時からのを東京とかの人が見ようと思ったら

前日の前のりが必要なのではないかと思われるw

 

どのような飛騨市民以外への販売方法はどんな方法になるのか。

これについては直接聞いてみたのだが

30日まで飛騨市民の方のみに販売して売れ残った分をどうするのかは

まだ決まっていないということ。

つまり11月1日から何かしらの方法で販売ということになります。

 

また今後、定期的にこの上映会は行われるのかも併せて知りたいところだ。

定期的に上映会が行われるかどうかはまだ決まっていないが

完全にゼロというわけでもなさそうに感じた。

これは詳細をおっていく。

スポンサーリンク



 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ