夏目三久妊娠結婚報道の真相!田邉氏が有吉弘行と日刊に猛抗議


夏目三久と有吉弘行の子供を妊娠、そして年内にも結婚するのではという

報道が日刊スポーツで明らかになった。

平成28年8月24日の事である。

しかしその後テレビや新聞などの各メディアがこの報道の続きを

全く取り扱わなくなった。

その裏で何が起きていたのか、事の真相に食い込んでいきます。

 

natume

 

今やテレビをつけたら

夏目三久と有吉弘行の顔は他チャンネルに出ている人より

見かける事の方が多いのではないでしょうか。

 

夏目三久と有吉弘行の妊娠結婚報道が規制されたのには

理由があります。

それは夏目三久がここまで芸能界で有名になるのには

夏目三久の所属事務所社長である田辺エージェンシーの

田邉照知氏のおかげであったのですが、

今回の妊娠・結婚報道によって田邉氏がずいぶん怒ったという事からきています。

スポンサーリンク



 

日刊スポーツ紙だけが

「有吉の子供、夏目三久妊娠。熱愛、結婚未定」

と報道した。

この時、日刊スポーツの関係者は「二重、三重の裏取りをしており

話は相当硬い」と言われていた。

 

しかし、その報道後

 

田辺エージェンシーが「事実無根」と発表。

さらに日刊スポーツに対しては「法的措置も検討」として完全否定した。

 

もちろん有吉サイドの太田プロダクションは当初

「出ちゃったら仕方ない、そっちの判断に任せますよ」と言っていましたが

ここから言っていることがどんどん変化します。

「社としては後日何かしらコメントは出す」に変わって

「ノーコメント」になって最後には

「事実無根と言っているだろう。これ以上聞いてこないでくれ!」

とどうやら芸能界のドンのチカラが作用したものではないかと噂されています。

 

この芸能界ドンとは誰なのか?

この人物こそが「田邉照知」氏なのだ。

 

日刊の話が出てからは

田邉氏は「日刊の記事は事実無根。取り扱わないでくれ」と強い口調で言ったということ。

さらに

有吉と太田プロ社長とで三者面談を行い直接事情を聴いたということです。

 

この時に

「うちの夏目になんていうことをしてくれるんだ。今はその時期じゃないはずだ」

と有吉に怒鳴り散らしたのは有名な話です。

 

しかも

平成29年の春には夏目三久がメインキャスターをつとめる

TBS番組の「あさチャン!」を降板するという報道も

TBSにかけあって撤回するように迫ったということです。

スポンサーリンク



 

結局、TBSは

「夏目さんから妊娠の報告を伝えられた事実はない。

降板に向けて調整していることもありません」とコメントしています。

ここまでの影響力w

すごいですねw

 

ちょうどこの時に報道されていたのが

高畑裕太の強姦致傷事件だったのわけですが

夏目三久と有吉弘行の妊娠結婚報道は一切報じられることはありませんでした。

 

さらにこんな程度では済まなかった。

9月1日には日刊スポーツの競合社であるスポーツニッポンに

夏目三久を登場させて、以下のコメントを出させている。

 

natume-uso

 

-一部メディアで有吉さんの子供を妊娠したと報じられたが?

「女性にとってこれ以上ない極めて私的な内容が断定して書かれてあったので、とても驚きましたし、

あまりにひどい内容に大変ショックを受けました」

 

-妊娠の事実は?すぐにコメントはしていなかったが?

「自分が務める情報番組で、あのような極めて私的な話をするのはどうかと思ったのと

書かれてあった内容へのショックが大きく、コメントするのは控えました。

しかし翌日も妊娠だ、年内結婚だと報じられ、所属事務所が事実無根と答えても、

ならば別の子かとまで憶測記事は広がり、もはや精神的に耐えられない状態が続いていました。

このままでは自分の気持ちが壊れてしまう。

記事に書かれているような事実は一切ありません。

誰も信じてくれなくても、もう一度言います。事実ではありません」

 

-番組の降板、交際、結婚についても?

「記事に書かれているような事実は本当にありません」

 

話はここで収まらない。

日刊スポーツ関係者は

「20人以上の関係者に妊娠情報に関しては相当近い筋から情報を得ていたということ」

つまりこの話が本当であるならば

芸能界のドンと言われる田邉照知氏は事実まで捻じ曲げるぐらいの権力があるということだ。

 

tanabe

 

そもそも田邉照知氏とは何者なのか?

1938年11月15日、東京都日比谷生まれ

1961年に「ザ・スパイダース」を結成

1971年に引退

その後に芸能事務所の経営に乗り出し

研ナオコやタモリなどを次々に売り出し瞬く間に巨大芸能プロの地位を築いた人物。

現在の年商は24億で年収換算だと3億円はあると言われている。

 

夏目三久はこの事務所に在籍中。

2007年に日テレに入社。

「おもいきいりイイ!!テレビ」のアシスタントに抜擢されるなど

これからの日テレを背負う立場として期待されていた。

しかし

2009年にコンドーム事件が発生。

ベッドでコンドームを手に微笑みを浮かべる彼氏とのラブラブ写真が

週刊誌「フラッシュ」に掲載された。

 

こんなの身近な人しか流出させることが出来ないですよね?w

 

調べてみると

この彼氏は

アパレルメーカーの御曹司で電通勤務の慶応ボーイということ。

しかしこの彼氏が交際していたのは夏目三久以外にももう一人女性がいてて

この女性が彼氏の携帯の中を見た時に

夏目三久と彼氏との写メを見つけて激怒して週刊誌「フラッシュ」に売り込んだということ。

 

なるほど~これならありえそうですよねw

 

夏目三久はこの事が原因で

全ての番組を降板させられています。

 

さらには社内イジメもあったというから驚き。

当時の日テレ社員が語るには

「彼女のデスクの上にコンドームが置かれていたり、掲載された写真週刊誌が机の中に

入れられていたこともあった」ということ。

 

これは大の大人がやる行為ではありませんね。

やりすぎですというか、幼稚すぎますw

 

しかしながら夏目三久はお金には困っていなかったので

会社をやめて起業でもしようかなと考えていたということ。

 

え?そんなに夏目三久はお金に困っていなかったの?

これも調べていくと

大阪箕面出身の彼女はもともと会社経営者のご令嬢でした。

持っていた株もどんどん挙がって含み益で1億2000万程になっていたという話だ。

ご令嬢でしたかーw

 

そして

2011年1月

日テレを退社。

そしてこの後、2月に手を差し伸べたのが田邉照知氏だ。

 

田邉照知氏の手腕とは?

テレビ各局に行って「うちの夏目を頼む」と頭を下げていたということ。

芸能界のドンがそこまでするのならという気持ちも各局にはあったことだと思います。

 

日テレと組んで、「10倍返しだ!」の名セリフである堺雅人主演の半沢直樹を成功させ

さらには今、来年か再来年に続編である「半沢直樹2」を餌に

TBSと有利な交渉を進めてる程の豪腕です。

 

芸能界のドンと夏目三久と有吉弘行は今後、どんな展開になっていくのでしょうか。

 

 

スポンサーリンク



 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ