豊洲市場移転問題、ゼネコン談合で大成建設と日建設計は


豊洲市場移転問題で、ゼネコン談合が疑われています。

談合と疑われるレベルの落札率が以下の通りです。

taisei

水産卸売場棟を落札した大成建設なのですが

これは大手総合建設会社として古くからのゼネコンです。

 

特に問題となっているのは

この落札価格は、一度釣り上げられているのです。

入札結果はこれが2回目の落札結果であり、

本当は最初の1回目の入札があったのですが

「どこも入札をしなかった」

という事で、2回目の入札が開始されていきなり

落札した会社が99%超という異常レベルの落札率で終わりました。

 

第一回目の水産卸売場棟は約200億円が予定入札価格でした。

それがどこも入札がなかったということで

2回目の入札を行い落札された価格が330億円?!

スポンサーリンク



 

建設関係者がいうには

一度目の入札がダメだった場合

今回のように130億円くらい増やして入札されることはほぼないということ。

どちらかというと

段階的に数億円ずつ入札価格を上げていくというのが本来のありようということですが

100億円は談合の疑いが持たれます。

そしてこれが落札率99%で落札されている、、、

明らかにおかしいですよね。

都庁と建設会社の談合は国と民営の繋がり、、闇が深いですね。

 

小池百合子都知事が今、全力で豊洲の土壌汚染問題と謎の地下空間で

誰が責任者だったのかはっきりさせようとされていますが

取り組んでもらいたい事案はむしろこの談合の方ではないかと感じます。

国と一部の大手建設会社の黒い繋がりがあると

これからも都民の税金は無駄に水増しされて建設費に当てられます。

そしてオリンピックのみならず

今後の建築予算でまた同じような事が繰り返されます。

 

土壌汚染問題や地下空間問題、責任問題のあとには

この談合問題も明らかにしていってもらいたいところです。

 

大成建設(たいせいけんせつ)の詳細を少し載せておきます。

スーパーゼネコン5社と呼ばれる企業の中の一角を担っています。

それぞれ、鹿島建設、清水建設、大成建設、竹中工務店、大林組の5つです。

 

すでに不祥事として不正入札で営業停止命令を受けていたりします。

普通は、談合にからむとその後、入札ができなくなるのに明らかに今の時点で

活動が出来ている時点でおかしいと言わざるを得ません。

スポンサーリンク



 

2006年5月11日には

防衛施設庁談合事件の入札に不正があるとして

国土交通省から30日間の営業停止命令を受けています。

 

2010年~2013年3月期の3年間で

2億円の申請漏れを東京国税局から指摘されていたことが

2014年6月に判明した。

そのうち約6000万円については、同社幹部社員が

裏金を捻出して私的にマンションを建設するための費用に使ったとして

所得隠しと認定されています。

この時は、報道機関の取材に対してコメントを差し控えており

問題の幹部も取材に応じていない様子です。

 

建設会社なので、探れば何か出て来るのは仕方ないところも

あるかもしれませんが

特に大きな問題は「国」も絡んでいるという疑惑が持たれていて

このままでは自浄作用がないと思われるのも仕方がありません。

 

日建設計についても

古くからの建設会社で国家レベルの建築には常に関わっています。

関わるのはいいのですが

謎の地下空間の報告書がのり弁状態で提出されるなど

国民がおかしいと思う要素は常に明らかにしていってもらいたいところです。

スポンサーリンク



 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ