平成が終わって次は何という新しい年号になるのでしょうか?


平成が終わったら、次は何という年号になるのでしょうか?

どうやって年号を決めているのか疑問に思ったので調べてみました。

下の画像は、平成の時のです。

heisei

昭和54年の元号法というのがありまして

その法律に基づいて決まっているらしいですね。

たった2条だけの本則(法令の本体をなす部分)によって新しい年号は決まるようです。

  • 元号は政令で決める
  • 元号は皇位の継承があつた場合に限り改める

今回、日本の現天皇陛下が生前退位を考えてられるので

皇位継承が行われるのは間違いなさそうですね。

つまり新しい年号に変わる事は濃厚といえます。

 

平成が決まった際には

国民の理想としてふさわしいような意味をもつものであること。
漢字二文字であること。
書きやすいこと。
読みやすいこと。
これまでに元号、又はおくり名として用いられたものでないこと。
俗用されているものでないこと。
(平成・修文・正化の三案が提出される)

という内容も盛り込んで決まったという事です。

 

また国としての発表の前に外部にどんな年号になるのか漏れてしまうことも

絶対にあってはいけないようなので

今の時点でどんな年号になるのかは絶対にわかりえません。

予想とかで出てしまっていたり、新しい年号はこうなる!と

ネットなどで見かけたりしますが、こうなる!となった時点でそれが選ばれる事はありません。

 

もともと昭和という年号は本来、光文という年号になる予定だったのが

先に新聞社がリークしてしまった為、すぐに他候補だった昭和に変更になったという事です。

 

またこの年号は有識者を集めて決めていて

中国の文献なども併せて選考基準に入れているそうです。

また平成が決まるときには、正化というのが第一候補だったという話ですが

正化にするとイニシャルがSになってしまい

昭和のSと混同しちゃうので選考の段階で外れたという事です。

 

この年号をどうするかの選考は物凄い作業で行われているようです。

とにかく、今までに使われた事がないかどうか

他の国の文献に出てしまっていないか、人物名でいないかどうか

あらゆる問題が出る点をクリアした漢字だけが選ばれるということです。

無事、平成という年号が決まった際も

平成という漢字でどこかの地名で小字で「へなり」と読むところがあったらしく

あとあと、問題になったという事です。

地名で大字だけでも同じのがないか調べるだけで大変ですのに

小字の部分もフォローしていかなくてはいけないあたり本当に年号選びは細かい作業なのだなと感じました。

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ