市川海老蔵の妻の小林麻央が乳がんで入院しています。完治は?


市川海老蔵さんの妻である小林麻央さんが乳がんで入院しています。

完治はするのでしょうか。

 

itikawa

小林麻央さんが入院

フリーアナウンサーで人気の小林麻央さんが進行性の乳がんであると

夫である市川海老蔵さんの緊急会見で発表されました。

 

この発表自体、市川海老蔵さん自身も「発表しようかどうかかなり悩んだ」

と言っています。

 

海老蔵さんの話では

乳がん自体は1年8ヶ月前ころから発覚していたとのことです。

進行性の乳がんと言うことです。

スポンサーリンク



 

どんな緊急会見だったのか

2016年6月9日に歌舞伎俳優の市川海老蔵さん38歳が

午後3時から約30分間にわたって小林麻央さん33歳の症状や

家族の様子などを説明しました。

 

非常に家族の絆の強さを感じさせる内容でした。

 

「お忙しい中、ありがとうございます。本日、新聞で妻、麻央、病気という記事が出まして、私たち家族の間ではすでに分かっていたことなんですが、このたび、公になったことで、皆さんのご理解、ご協力が必要かなと思いまして、お集まりいただきました」

 

今回の質問をQでしているのは芸能ジャーナリストの井上公造氏です。

Q、きっかけは?

「人間ドックを夫婦で行っておりまして、何回か調べた上で、乳がんと分かりました」

 

Q、ステージは?

「そうですねえ(一瞬、考え込む)。進行具合は、かなりスピードの早いもので、大変なものなのではないかとご指摘をいただきました」

 

Q、勧玄君(海老蔵さんの長男)のお披露目会では病院を抜け出していらっしゃった?

「すでにそういうことだったので、本人(麻央さん)としては、勧玄の初お目見えということで、覚悟の上、私としてはそれでいいのかとも思いましたが、そういう形になりました」

 

Q、麻央さんの病状は?

「深刻ではあります。抗がん剤の治療をやっていまして、抗がん剤は人によって効く効かないがあるそうで、良かったり良くなかったりを繰り返しつつ手術する方向でやっています。麻央本人は分かっていますので、気丈に病気と闘っています」

 

Q、入院されたのはいつ頃のことで?

「入院はずっとしていまして、つい最近、通院という形が取れまして。ただ、不安定ですので抗がん剤の治療を継続しています」

 

Q、麻央さんの入院について、2人のお子さんはどのように受け止めていらっしゃいますか

「1年8カ月、長いものですから、長女の麗禾(れいか)はもうすぐ5歳ですので、寂しい思いをさせていると思いますが、自分の中で踏ん張って闘っていると思います」

 

Q、麻央さん自身、どう受け止めていらっしゃるのか、お聞かせ願えますか

「本人が誰より一番つらいと思うんです。もちろん、麻央の家族、私の家族、子供たち。元気になりたいという気持ちと、まじめな性格ですから、小さな子供のそばにいられない母親の気持ち、私には計り知れない辛さだと思いますので、気丈なところもありますんで、明るく振る舞ってくれていますんで、本当の部分は今ここでは分からないですけど」

 

Q、病院ではどのようにお子さんたちと、麻央さんは接していらっしゃいましたか

「そうですね。お見舞いとか、子供と楽しく過ごす…、子供たちがいないからどうこうと言うのではないですが、病院にいない数時間、また病室での数十分、数時間、キラキラした時間を過ごしています」

 

Q、麻央さんの存在の大きさを感じられているのではないですか

「公にする、しないは麻央と一緒に悩みまして、今日まで入院しているということが極秘だったのですが、麻央がいたからこそ私がいるわけですし、(私が)子供と一緒にいても(麻央がいないので)空虚な時間があるし、今までは『行ってらっしゃい』『お帰りなさい』そういうことを言ってくれていましたから…改めて麻央という存在の大きさを痛感しているところです」

 

Q、乳がんのステージは?

「聞いていますけど、そこら辺もどうするのかってことで、深刻だという話でご理解いただきたい。簡単に治らないので、こういうことになっているのだということで」

 

Q、入院してから通院ということだが、入院した際にはしこりを取る手術は?

「そこに至らないので、抗がん剤ということでご理解いただきたい」

 

Q、子供さんたちにはいつ、どのような形でお伝えしたのですか

「これ(テレビ中継)を見ていると思う。長女の方はわかっていますが、せがれの方はどうかわかりません。ママが帰ってこないのはなぜか、というのは最初のころはありましたが、虫に刺されていたんだよ、と。病院に入院してみんなと一緒に遊べるように治療しているということを言いました」

 

Q、病気が分かったとき、どう声をかけたのですか

「(ドックは)2人とも似たような結果だったんです。どっちが陽性で、どっちが陰性で、日本橋で私が芝居をしていたのかなあ。ホテルで2人で話し合ったとき、麻央から聞いて途方に暮れました。どうしたらいいか分からない。でも舞台があるので、芝居はしなくちゃならない。こういうときは女性の方が気丈で、麻央はしっかりしていたが、ショックは私よりも大きかったんじゃないでしょうか。そのときは時を忘れるような経験をしました」

 

Q、成田山で海老蔵さんが得度を受けられた陰では麻央さんの病気のことがあったんでしょうか

「あるといえばあるし、ないと言えばない…、まあね、少しでも気持ちをね。クリーンにした上で、向き合わないといけないし、麻央自身、闘っているし、皆さんもご存じのように、(元TBSアナで現在、フリーアナウンサーの)麻耶ちゃんも具合が悪くなりましたしね。麻耶さんも隠しながら一生懸命お仕事をして、大変だったんだろうな、と。家族の中で疲れというか、出てしまったんだろうな、と。2人とも真面目ですし、素晴らしい姉妹だなと思います」

 

「公にしないと決めた上で、どれだけその瞬間瞬間を生きられるかということで、切り替えて、(海老蔵さん自身に?)鞭を打ってそのためにそういうこと(得度)になったということです」

「途方に暮れるということは、言葉で割り切ってはいけなくて、逃げも隠れもせず、(子供たちを)導いていける環境づくりをしなければというのは、自分では分かっているつもりなんです。が、(家族の)皆が弱っている中、私は(家族を)支えていかねばいけないんだと思っております」

 

 

Q、これまでの1年8カ月間、振り返ってみていかがですか

「1年8カ月前からわが家の状況は変わっていなくて、皆様にお願いしたいのは、病気ですし、子供たちもいますし、こちらからご報告できることはしますから、なるべく見守っていただきたいなというのが本音ですね」

 

Q、実際、(麻央さんに)どんな言葉をかけ、励まし支えていらっしゃいますか

「病気を患っている方は、皆さんもそうだと思いますが、ポジティブな部分とネガティブな部分があると思います。必ず元気になるよという話をしています。そばで話ができないことが多いので、撮影や舞台で…。なので、電話で2時間くらいしゃべったりしています。私もダメなところはいっぱいあって、麻央は私を癒やしてくれるし、私も彼女をバックアップできるように今、やっているところです」

 

Q、これをしてほしいとかいう会話はありますか

「食欲はあったりするんですね。好きなものを食べさせたり、彼女が食べたいものがあると一緒に食べたりとかですかね」

 

Q、お子さんに対しては?

「申し訳ないという気持ちが強いんじゃないですか。2、3、4歳というのは知能もできてくる重要な時間のひとつですから、自分がそばにいてやれないことが心苦しく思っているんじゃないでしょうか。話し合って乗り越えているつもりですが…」

スポンサーリンク



 

Q、お子さんの大切な物を(病室に)持っていったりもしたんですか

「幼稚園で作ったものですね。絵とか折り紙とか。ママにあげる、と。特に麗禾はいろんなものをママにあげてますね」

 

Q、いろんなものとは具体的には?

「動物の絵、タヌキとかですかね」

 

Q、1年8カ月、どんな日々だったですか

「長いですし、長かったとおっしゃるけれど、これからも続くんですから。おのおのが忍耐のいる1年8カ月。おのおのが悲しんだ1年8カ月。まして公にしないようにしてきた麻央を、お母さまやお姉さまや皆が支えている。お姉さまもテレビの仕事をしながら、できる範囲のことをやっている」

 

「1年8カ月間、公にならなかったことが本当にすでに奇跡かな、と。実は今、落ち着き出している部分があるんで、これより早く見つからなくて良かったなという思いと、分からないまんま、支えきりたかったなという部分と、公になって隠さなくていいんだというホッとした部分という三面があります」

 

「麻央を、病気が治るまでは全面的に支えますし。そんなようなLINE(ライン)もさっき来たんですけど、格好つけて、病気が治っても支え続けるよ、という話は一応して。逆に俺も支えてねと。とにかく元気になってもらうことが、私たち家族が願う時間です。1年8カ月見てきていますが、600日、700日、600日弱か…、そんな日々が積み重なってきたので」

 

Q、家族でこんなことをやってみたいというのはありますか

「あえて言わせていただくと、私、休みを取らずにやってきたんで、(麻央さんの)体調次第で休みを取ってどこかに行きたいんで、皆さん、追っかけて来ないでください(笑)」

 

「一日でも早く麻央が元気になるように支えていきます、なるべく静かに見守っていただきたいというのが私の気持ちです」

 

ここで海老蔵さんは会見を終了しています。

妹の小林麻耶さんが最近、体調不良で休んでいたのは

この事があったからだったのですね。

誰にも言えずに、姉の小林麻央さんの看病を頑張っていたので

無理がきていたのかもしれません。

 

進行性の乳がんは完治するのか?

深刻といわれている小林麻央さんの乳がんですが

手術が必要と言われている時点で分かっている事があります。

 

それはガンはステージ4の状態に達すると

延命治療だけに留まり、手術を目指すという対象にならないという事です。

 

つまり、

小林麻央さんの乳がんの進行レベルはステージ3あたりだという事が分かってきます。

 

ちなみに1センチ以内のガンの大きさであれば

切除することで9割くらいの方が完治に結びついています。

 

そしてよく聞く言葉ですが

若いほど進行スピードが早いというわけではないようですよ。

進行スピードはあくまでもそのがんの活発性によるものだそうです。

 

一刻も早い完治を願っています。

スポンサーリンク



 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ