iPhone7の最新情報や発売日はいつなのか?ケースも紹介!


iPhone7の最新情報や発売日をここでは取り扱います。

またiPhone7のケースもどういったものになるのかを紹介します。

 

iPhone7の情報が出てきました。

まず今の市場ではiPhone6sプラスは予約しても全然入荷されない状態です。

iPhone6sは現在でもすぐに機種変更は可能です。

結構、iPhone6sプラスは人気があったのですが、入荷数が少なくて

もう少し供給されていても良かったのではないかと思う商品でした。

つまり、iPhone7の発売日が分からない今のこの時期が一番機種変更をしにくいタイミングですよね。

 

aifon

 

iPhone7の最新情報をまとめてみました。

 

アップルのCEOのティム・クック氏は「それなしでは生きていけなくなり、想像もつかない新機能だ」と豪語しています。

ここで画像から分かる事はイヤホンを付ける穴がなくなっているという事なのです。

しかしこれ自体で想像もつかない新機能というにはちょっと表現が過剰すぎますよね。

 

そこで噂されているのが「デュアルカメラ」が搭載されるのではという話ですが

これはiPhone7プラスが候補として挙がっていますが画像もまだ存在しませんので

これから新たに情報が出てくるのを待つしかありません。

スポンサーリンク



 

また、完全防水なのではないかという話も出ています。

iPhoneの弱点は防水機能がないやつも多いのですがこれを克服してくる可能性が噂されています。

まだ現時点では確定はしていません。

 

「デュアルカメラ」だったらどうスゴいのか

デュアルカメラというのはようするにレンズが2つあるのです。

身近でそれらを体験するとなると「車の衝突回避技術」はまさにこの2つレンズなのです。

ほら、車を運転していて前に人や物体があると自動的に反応してオートブレーキシステムが働いて

勝手に止まってくれるやつです。

 

この2つのカメラが存在することでカメラに映る物体を3Dで捉える事が可能になり

物体との距離感をより精度高く解析する事が可能になります。

これらを駆使すれば、今よりももっと画像が綺麗になりますし人物の凹凸までカメラに納める事が可能になります。

 

でもどうして今この機能が?

 

この精度の高いカメラ技術を持っているイスラエルの会社をアップルが2015年に4月に買収しています。

しかもこの会社だと今までのiPhoneのカメラを半額のコストで量産可能だという事で

カメラを2個付けてもコストが上がりすぎずにiPhone7を販売する事に成功していると言われています。

 

ちなみに

iPhone5は画素数でいうと800万画素でした。

このデュアルカメラに至っては400万画素を2つ組み合わせたとしても

800万画素を遥かに上回る鮮明さを可能にしています。

スゴい事に1300万画素さえも400万画素×2で超える事が可能なのです。

 

たしかにこの技術が入っているならカメラで写真を取るのは楽しくなりそうですね。

 

でも、これだけだと想像もつかない新機能とまではまだ言えないと思います。

つまり、このデュアルカメラを使用することによって写真だけではなく生活の一部を

画期的に変える事まで可能になっているのではないかと思う次第です。

スポンサーリンク



 

iPhone7の発売日は?

iPhone7の発売日はだいたい予想がつきます。

今までのiPhoneはだいたい秋に発売されてきました。

iPhone6、iPhone6プラスの時も9月でしたしその発売日に関しては

中旬の16日くらいでした。

ちなみに予約自体は1週間前から受け付けていました。

今のiPhoneの発売日には以前ほどの行列は出来なくなりましたが

iPhone6sとiPhone6sプラスの時はたったの3日で1300万台が売れるという

物凄いセールスを記録しています。

 

つまり今回のiPhone7、iPhone7プラス、iPhone7proに関しても

発売日は2016年9月中旬だと考えていて良いのだと思います。

 

iPhone7のケースに関して

これに関してはiPhone7のデュアルカメラの仕様がまだ謎なのです。

それはこのデュアルカメラがiPhone7にも実装されるのか

iPhone7プラスやiPhone7proにしか実装されないのかまだはっきりしていないのです。

詳細がこないことにはまだ分かりません。

デュアルカメラであるならもちろん、それをカバーするケースもカメラ用の穴が2つ必要ですし

デザインもそれに応じて変わってきます。

スポンサーリンク



 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ